会社情報

安全衛生方針

  • 安全衛生方針
  • 株式会社寺岡製作所安全衛生方針

  • TERAOKA

~安全はすべてに優先する~

<基本方針>

労働災害を撲滅し、潜在的危険有害性の低減を図るために、安全衛生への取り組みを経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、役員・従業員・協力会社従業員一人ひとりが「安全と健康は経営の基盤である」という認識のもと、全員参加の安全衛生活動を積極的に推進し、快適な職場環境の形成と従業員の健康維持・増進に努める。

<行動指針>

  1. 全事業所で「休業災害ゼロ・メンタル不調者新規発生ゼロ」を目指します。
  2. 火災・爆発および化学物質の漏洩を防止し、安全で安定した操業を維持するとともに、自然災害時の従業員の安全確保にも配慮し、設備対応と定期的な訓練を実施し、緊急時に備えます。
  3. 安全衛生関連法令及び社内規程を遵守し、より一層の安全衛生管理に努めます。
  4. 過重労働及びメンタルヘルスによる健康障害を防止するため、衛生管理体制の充実を図り、社員の健康保持増進を推進します。
  5. 職場の潜在的危険有害要因の明確化と、対策の優先度を定めるリスクアセスメントを実施し、「休業災害ゼロ」及び「危険ゼロ」を目指し、安全で快適な職場環境づくりを推進します。
  6. 全ての従業員、協力会社従業員とのコミュニケーションを図り、全員参加型の安全衛生活動を実行します。
  7. 安全衛生活動の実施に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。

<重点項目>

  1. はさまれ・巻き込まれ等の危険箇所の抽出と改善、水平展開
  2. メンタルヘルスケア、感染症対策、健康維持増進、ハラスメント防止対策、労働時間管理の実施
  3. 5S改善、KY活動、リスクアセスメント、ヒヤリハットキガカリの運用と受動喫煙防止等の浸透
  4. 安全衛生教育・訓練の実施(新入社員・異動社員・中途社員教育、職長教育等)

以上、この基本方針及び行動指針を、安全教育や社内広報活動を通じて全従業員及び協力会社従業員へ周知徹底し、重点項目を確実に改善することで真の「ゼロ災害」を目指すことをここに表明する。

2021年4月1日改訂
株式会社寺岡製作所
代表取締役社長

辻󠄀 賢一