会社情報

沿革

1921
寺岡璋浩、本社現在地で寺岡製作所を創立。
電気の時代を迎え電気絶縁用のブラックテープを生産開始。(創立記念日2月11日)
1929
再生ゴムを用いフリクション塗布法による新ブラックテープの製造法を完成。
1943
株式会社への組織変更。
1945
松永金太郎、取締役社長に就任。
1950
ビニルテープ類およびオリーブテープの生産開始。
1952
クレープテープなど新たに6品種を生産開始。
1956
ポリエステルフィルム粘着テープの生産開始。
1961
両面粘着テープの生産開始。一般産業用に参入。
1962
寺岡基之、取締役社長に就任。資本金1億円に増資。
大宮工場稼働開始。
大阪出張所(現 大阪支店)開設。
1965
アセテートクロス粘着テープの生産開始。
1967
函南工場稼働開始、オリーブテープ需要増に対処。
1968
名古屋出張所(現 名古屋支店)開設。
コンビネーション粘着テープの生産開始。
1970
佐野工場稼働開始。
1972
ガラスクロス粘着テープの生産開始。
1973
ノーメックス®粘着テープ、カプトン®フィルム粘着テープ、
銅箔粘着テープ、アルミ箔粘着テープの生産開始。
1977
証券市場に店頭銘柄として登録。資本金を5億円に増資。
1978
東京支店開設。
ベルティングテープ、防水テープ、ブラウン管防爆用テープの生産開始。
1979
フィルム両面テープ生産開始。エレクトロニクス産業の材料部門へ進出。
1984
資本金を13億1千3百万円に増資。
1985
仙台営業所開設および福岡営業所開設。
1987
東証第2部に上場。資本金を22億1千3百万円に増資。
1989
導電性銅箔粘着テープ生産開始。
1990
茨城工場稼働開始。大宮営業所開設。
1994
ポリエチレンクロス粘着テープの生産開始。
1995
香港駐在員事務所設置。寺徳(香港)有限公司設立。
東莞寺徳(電子膠粘帯)有限公司設立。
1996
資本金を39億4百万円に増資。化学研究技術センター完成。
1997
ISO9001の認証を国内全事業所にて取得。横浜営業所開設。
シリコーンゴム粘着テープの生産開始。
2000
寺岡敬之郎、取締役社長に就任。
2001
ISO14001の認証を国内全工場にて取得。
2004
新コ−ポレ−ト・マ−クを導入、社名ロゴを一新。
寺岡(上海)高機能膠粘帯有限公司設立。
寺徳(香港)を子会社とし、寺岡製作所(香港)有限公司と改称。
2006
寺岡製作所(香港)有限公司の子会社寺岡(深圳)高機能膠粘帯有限公司設立。
2007
神栄商事株式会社を子会社化。
2009
茨城工場新生産ライン稼動開始。
2011
PT.Teraoka Seisakusho Indonesia 設立。
2013
ソウル支店および台北駐在員事務所開設。
2015
養生テープが「2015年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。